Windows 8 高速化の方法を解説

● 不要なサービスをオフ

さまざまな機能を実行するサービスというプログラムが自動起動するようになっています。
環境により異なりますが、システムにかかわる重要なサービス以外で、不要と思われるものをオフにする事で、
パソコンへの負担を少なくすることが出来ます。
※自己責任で行いましょう。


使用方法
1、 スタートメニューで右クリックし、コントロールパネルをクリック。

※ カーソルをデスクトップの一番左下に合わせるとスタートメニューが表示されます。

2、 システムとメンテナンス→管理ツールをクリック

3、 サービスをダブルクリックすると、サービスの一覧が表示されます
   サービスの名前をクリックすると、そのサービスの説明が表示されます。
   よくわからないものは、オフにしないようにしましょう。

4、 オフにしたいサービスをダブルクリックし、プロパティを開きます

5、 スタートアップの種類を「手動」に変更し、OKをクリックすれば完了。

6、 一時的に停止させたいなら、「停止」をクリックすればOKです
   停止の場合は、再起動するとまた開始されますので注意しましょう。

無効にしても問題のないサービス例
サービス名 機能
Tablet PC Input Service タブレットPCのペンやインク機能を有効にするサービス。
タブレットを使っていない場合は無効にしていい。
FAX パソコンからファックスを送信できる機能。
(Business/Enterprise/Utimateエディションのみ)
WebClient ブラウザを使ったファイル共有機能「WebDAV」を使わないなら無効でもかまわない。
Remote Registry 他のパソコンからネットワーク経由でレジストリを操作する機能。
Smart Card スマートカードのセキュリティ管理機能でユーザー認証を行うサービス。
Smart Card Removal Policy スマートカードをパソコンから外したときに、パソコンをロックする機能。
windows8高速化解説ムービー

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.



Window8高速化トップページ



copyright(C) Windows8高速化 all rights reserved.