Windows 8 高速化の方法を解説

● スリープモードにして早く起動

ほとんど電力を消費せずに、作業状態を保存し待機ができるスリープモード。
復帰の素早さや、デスクトップの場合、スリープになる前の作業を自動でバックアップするため突然電源が切れても
データの保存ができているという利点があります。


使用方法
1、 スタートメニューで右クリックし、コントロールパネルをクリック

※ カーソルをデスクトップの一番左下に合わせるとスタートメニューが表示されます。

2、 ハードウェアとサウンドをクリックし、電源オプションの、電源ボタンの動作の変更をクリック

3、 電源ボタンを押した時の動作より、スリープ状態を選択し、変更の保存をクリックして完了です

4、 スリープが解除された時に、ログオン画面にもどってパスワードを求められるのが面倒な場合は、
   「パスワードを必要としない」を選択することも可能です。
windows8高速化解説ムービー

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.



Window8高速化トップページ



copyright(C) Windows8高速化 all rights reserved.